忘れ得ぬ人々との確かな思い出/『天野さんの傘』

文芸・マンガ 2015年9月号掲載

 懐かしい人との忘れがたい時間について、記憶の井戸を掘り進むようにして書かれたエッセイ集である。

 収められている十一編は、どれもそれほど長いものではない。それなのに、文中に引かれる言葉に導かれて、実際の分量の何倍ものふくらみのある文章を読んだ豊かな気持ちになる。未知の世界の扉が次々に開いて、遠い昔の時間が再び流れ出す。

 細い声の、けれんみのない文章の美しさは、ふしぎな妄想の力によって、さらに味わいが深くなる。

 雨の日に、かつての教え子と再会する場面から書きおこされる表題作では、親しくしていた詩人の天野忠の香典返しでもらった傘が妄想をふくらませるきっかけとなる。

...

記事全文を読む