大願成就の安倍総理が「論功行賞を授ける人」「冷飯を食わす人」

政治週刊新潮 2015年9月24日菊咲月増大号掲載

「人間には憎んだり、戦ったり、勝ったり、そういう原始的な感情がどうしても必要なんだ」(三島由紀夫著『永すぎた春』(新潮社刊))。あたかも永田町の人事をめぐる椅子とりゲームを見透かすかのような一節である。

 通常国会が閉会すれば、10月上旬の内閣改造・党役員人事が待つ。まず、安倍総理が論功行賞を授ける人を政治部デスクに聞くと、

「浜田さん(靖一・元防衛相)の名があがっている。彼が衆院で平和安全法制特別委員会の委員長に就いた裏には、総裁選出馬を目指していた野田さん(聖子・前総務会長)の勢いを殺(そ)ごうとする官邸の狙いがあったのです」

...

記事全文を読む