すい臓がんで13キロ体重が落ちた「九重親方」が明かさない心労

スポーツ週刊新潮 2015年9月24日菊咲月増大号掲載

 5月には還暦の土俵入りで元気いっぱいの姿を披露していたのに、病魔はいつ襲ってくるか分からないものだ。突然の「内臓疾患」で、名古屋場所を全休した九重親方(元横綱千代の富士)、本当の病名が「すい臓がん」だったことを明らかにしたのだ。

 ***

 スポーツ紙の相撲担当記者が言う。

「7月に九重親方が名古屋場所を全休した際、相撲協会は3週間入院すると発表していました。普通、これほどの長期入院は重い病気に違いない。そこで、場所が終わってから取材してみると、弟子や親しい人に九重親方が“すい臓がんを患った”と話していたのです。

...

記事全文を読む