中村獅童「“主役は張れない運命”と言われていた僕を支えた亡き母に捧げる作品を」

芸能

 東京神楽坂「la kagu」内レクチャースペース「soko」にて、女流時代劇研究家・ペリー荻野さんの新刊『バトル式歴史偉人伝』(新潮社刊)の刊行記念イベントが歌舞伎俳優・中村獅童さんを迎え行われた。

 Eテレの 教育番組「歴史にドキリ」で、卑弥呼から夏目漱石まで実に40人以上の歴史上の人物に扮し、歌と踊りでその功績を紹介している獅童さん。いま日本で歴史上の有名人をもっとも多く演じている俳優ともいわれている。気鋭の俳優と時代劇研究家が歴史の魅力と演じることについてたっぷり語った貴重なイベントとなった。

...

記事全文を読む