あれから1年「朝日新聞」慰安婦お詫びは証人喚問が怖いから

社会週刊新潮 2015年8月27号掲載

 昨年夏、自らの慰安婦報道を検証し、ついには誤報を認めて謝罪した朝日新聞。あれから1年、今も部数が下げ止まらない朝日が、あの検証をしたのは、実は読者のためでも国民のためでもなく、証人喚問から逃れるためだったようで――。

 ***

 朝日が突然、これまで垂れ流してきた慰安婦報道を検証する記事を載せ、吉田清治氏の“慰安婦狩り”証言についての記事を取り消したのは、昨年8月5、6日のことだった。もっとも、記事は言い訳に終始したため、むしろ大いなる批判を招いたのである。

...

記事全文を読む