山口瞳『男性自身』傑作選 「正論を吐く男」(1970年10月)

社会週刊新潮 2015年8月6日通巻3000号記念特大号掲載

 すでに鬼籍に入ってしまったが、達人の「精神」は今も週刊新潮の中に脈々と息づいている。山口瞳氏の『男性自身』。幾星霜を経てなお色あせない厳選「傑作コラム集」。

 ***

 AとBが酒を飲んでいる。AがBにからんだとする。クダを巻くでもいい。

 この場合、たいていは、Aの言うことは正しいのである。正論である。

 酒を飲んでカラムというときに、間違ったことを言いだして因縁をつけると思われがちであるが、決してそうではない。酒を飲んで、どうかして、遂に正論を吐くにいたるのである。

...

記事全文を読む