マフィアを生んだシチリアレモン/『柑橘類と文明:マフィアを生んだシチリアレモンから、ノーベル賞をとった壊血病薬まで』

国際

 シチリアを旅した折、地元の人から、シチリアのレモンは一年を通じて実がなり、各家庭ではそれで自家製のレモン酒、リモンチェッロを作るという話を聞いたことがある。が、レモンが、マフィアを生み育てたということはこの書で初めて知った。イスラム教徒がこの島にレモンを持ち込んだのは九世紀のこと。首都パレルモの郊外に広がるコンカドーロ(黄金盆地)に精巧な灌漑施設を築き、壮大な果樹園を作り上げた。一九世紀初頭、英国海軍がレモンを壊血病に有効と定めてから、レモン栽培は莫大な利益を上げる一大産業と化す。

...

記事全文を読む