【詐欺師の素顔】会員112万人を誇ったネズミ講「天下一家の会」元副会長かく語りき!

社会週刊新潮 2015年8月6日通巻3000号記念特大号掲載

 ミッキーマウスの誕生から39年後の1967年。高度経済成長期の真っ只中に、熊本県の片田舎にも1匹のネズミが現れた。ネズミ講を主宰した「天下一家の会」の創始者、故・内村健一会長である。全国で112万人の会員を集め、被害総額は実に1900億円。人々に絶望と破滅をもたらしたまま95年にこの世を去ったが、往時を支えた元副会長が過去を語った。

 ***

「創立から6年目の72年に、親父が20億1400万円の脱税容疑で逮捕され、さらにその6年後には元会員が起こした返金訴訟でネズミ講は公序良俗違反だと指弾された。

...

記事全文を読む