【新国立競技場問題】世界中にアンビルトが喧伝されて「ザハ女史」の復讐

社会週刊新潮 2015年7月30日号掲載

 イラクはイスラム教の国。同害報復の国である。ザハ・ハディド女史(64)は、そのイラク出身。となれば、怖いのは、「目には目を!」とばかりに、日本に仕掛けてくる“復讐劇”だが……。

 ***

 最大で100億円――。

 さる官邸関係者によれば、政府はザハ氏が法的手段を取った場合、被る損害額をそう見立てているという。

 積算根拠は後述するとして、そのザハ氏に「アンビルトの女王」なる異名があるのはよく知られた話だ。

 これまであまりに奇抜すぎるデザインのため、コンペに通っても、その通りに建設されない建物は数多。

...

記事全文を読む