【新国立競技場問題】「内閣支持率の神様」に捧げられた太めのスケープゴート!? ラストボス「森喜朗」元総理の息の根を止めたA4メモ

政治週刊新潮 2015年7月30日号掲載

 かつては100キロを超えていたという巨体に、現職大臣でも萎縮する存在感。そんな御仁がスケープゴートにされたのは、「内閣支持率」が滝のように落ち込んでいるからだ。森喜朗元総理(78)が固執した「新国立競技場」の計画を振り出しに戻すため、安倍総理が突きつけたA4判のメモとは。

 ***

「白紙に戻し、ゼロベースで見直します」

 7月17日、安倍総理は、記者会見で新国立競技場の建設計画を最初からやり直すことを明らかにした。2520億円という巨額の建設費にやっとブレーキがかかったのだ。

...

記事全文を読む