資本主義を終焉に至らしめる病/『「衝動」に支配される世界 我慢しない消費者が社会を食いつくす』

社会

 何かが食べたくなれば、コンビニやファストフード店ですぐに食べ物が手に入る。旅行に行きたければ、長い船旅をするまでもなく飛行機であっという間だ。今欲しいと思う「衝動」がすぐに実現できる便利で自由な時代になった。

 個人だけではなく企業も衝動をすぐに実現したがる。株価を上げたいと思えば、従業員の教育や設備に投資せず、自社株買いに巨費を投じる。すぐに利益を上げるためには、リストラや海外移転でコストカットすればいい。しかし、その結果、失業率はますます高まり、賃金はどんどん安くなった。

...

記事全文を読む