渡辺謙が語る、独眼竜政宗での秘話とは……!? 感動のエピソードで綴る天才・勝新太郎の真実

文芸・マンガ

  • ブックマーク

「勝さんのことだったら話したいこと、たくさんありますよ!」この作品を描くにあたって多くの方々にお会いし、お話を聞きました。そして皆さん、話の冒頭に言われたのがこの言葉です。まさか会えるとは思えなかった雲の上の人ばかりで、嬉しそうに笑顔で語られ、時には涙ぐみ、まさに勝さんは皆さんの胸の中で今も溌剌と生きている…。取材中は僕にとって、まるで映画を一本観ているようで、本当に極上の時間でした。その感動を僕の筆力でどこまで漫画にできたか…、心が弱った時、落ち込んだ時、
この作品を読んで「かつてこんな男がいたんだ!」と元気が出ていただければ、作家冥利に尽きます。
そして勝さんが遺された素晴らしい名作映画を観ていただけたら、大変嬉しいです。

■あわせて読みたい記事■
【立ち読み】中村玉緒 結婚生活35年“奥村利夫”と結婚したはずが最後まで“勝 新太郎”の妻でした

中村玉緒、バルデュス、篠山紀信、春日太一、原田美枝子…関係者の証言から浮かび上がる栄光と挫折、そして交流と秘話。新証言から浮かび上がる傑物の姿を描く!

[著者]吉本浩二
1973年生まれ、富山県黒部市出身。代表作に『昭和の中坊』シリーズのほか、『日本をゆっくり走ってみたよ~あの娘のために日本一周~』『さんてつ~日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道大震災の記録』など。「週刊少年チャンピオン」で不定期連載していた『ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~』は「このマンガがすごい!2012」オトコ編の1位に輝いた。現在、「月刊コミック@バンチ」連載『カツシン~さみしがりやの天才(スター)』第1巻発売、そして7月9日に第2巻が発売。
公式ツイッター(https://mobile.twitter.com/yoshimotokoji)

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]