ニャンニャン写真は今もトラウマ「高部知子」がカウンセラー

芸能週刊新潮 2015年6月25日風待月増大号 掲載

 ♪めだかの兄妹が川の中、大きくなったらなんになる。そう歌った高部知子も47歳。かつては、奔放なプライベートが報じられた彼女も、現在は依存症のカウンセラーとして忙しい日々を送っている。だが、“大きくなった”今も、あの事件はトラウマになっているようだ。

 ***

『だいじょうぶ! 依存症』(現代書館)。こんなタイトルの本が6月下旬に出版される。著者は高部知子だ。1982年、人気テレビ番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』で結成された3人グループ「わらべ」の“のぞみ”役で人気を博した彼女は、ドラマ『積木くずし』でも迫真の演技を見せ、女優としての評価も高かった。

...

記事全文を読む