それでも死刑にならない! 幸せ5人家族を踏み潰した北海道「飲酒暴走のごろつき」

社会週刊新潮 2015年6月25日風待月増大号 掲載

 梅雨を知らぬ6月の北海道で、寂寞荒涼たる冬景色のような惨劇が起こった。飲酒したごろつきたちが、愛車で暴走して赤信号へ突入。結果、5人家族を乗せた車はおろか、その幸せまでをも踏み潰したのである。それでも死刑にならない悪い奴らの来し方とは――。

 ***

 古典落語『猫の災難』には、酒好きの身勝手な生態が赤裸々に描かれている。

 あれこれと虚言を弄し、兄貴分をだまくらかした男は、酒を独り占めにして、こうつぶやく。

〈なになに、もう一杯だけ? 大切な胃のお願いだ、無下に断るわけにもいかねぇ。

...

記事全文を読む