【安保法制】安全に衆参2回の強行採決ができる内閣支持率は40%

政治週刊新潮 2015年6月18日号掲載

 安保国会の対応に苦心惨憺する菅官房長官が、オフレコ懇談で強気を見せた安倍総理の思いを何としてでも実現させる最後の手段は強行採決である。しかし、この禁断の手を打つには、是が非でも死守しなければならない生命線が存在する。それは、内閣支持率40%という名の「絶対国防圏」だ。

 ***

 前項で触れた通り、読売新聞の世論調査では内閣支持率が53%に下がり、朝日新聞と毎日新聞の直近の数字はさらに低く、ともに45%となっている。3大紙の内閣支持率を平均すると47・6%。

...

記事全文を読む