マスター小林薫が香港で稼ぐ「深夜食堂」

映画週刊新潮 2015年6月18日号掲載

 メニューは豚汁定食のみ。

「あとは勝手に注文してくれりゃあ出来るもんなら作るよってのが、俺の営業方針さ。営業時間は夜12時から朝7時頃まで。人は“深夜食堂”って言ってるよ」

 と、小林薫(63)演じるマスターの語りで始まる『深夜食堂』。同名マンガが描いた、“猫まんま”や“里芋とイカの煮物”、“きんぴらごぼう”といった素朴な注文料理とそれにまつわる客の人情話は、2009年に深夜ドラマとなり、11年に第2シリーズ、昨年第3シリーズが放送され、今年1月には映画となった。

...

記事全文を読む