ほとほと演技が不安でも「松嶋菜々子」を選ぶTBS戦後70年ドラマ

芸能週刊新潮 2015年6月4日号掲載

 第二次大戦中に激戦地へと赴き、夫を亡くした後、子供とも生き別れに――。TBSが8月に放映する「戦後70年記念作品」は、過酷な運命に翻弄され続けた“従軍看護婦”の物語である。時に重苦しい社会派ドラマの“顔”に選ばれたのは松嶋菜々子(41)だった。しかし、クランクイン直後から飛び交うのは、彼女の“演技力”を不安視する声ばかりなのだ。

 ***

 もっとも、『半沢直樹』のスタッフが、『家政婦のミタ』(日テレ系)に主演した松嶋を迎えるのだから、TBSの鼻息が荒いのは頷ける話だろう。

...

記事全文を読む