最新兵器の裏にある人間ドラマ/『無人暗殺機 ドローンの誕生』

国際

 イラク戦争の伝説的狙撃手を主人公にしたクリント・イーストウッド監督の新作「アメリカン・スナイパー」を観ていたら、不意打ちのように米軍の無人機が出現した。緊迫した接近戦の上空を、ゆっくりと浮動する、頭でっかちなその姿は夢幻的であり、牧歌的である。地上の苛烈な戦闘とは異次元の物体で、フェリーニの映画に彷徨い込んだような錯覚に、一瞬襲われた。

 この無人機は暗殺用ではなく、偵察用であろう。無人偵察機から送られる画像に助けられて、主人公たちは上官から脱出先を指示され、なんとか危地を脱することができた。

...

記事全文を読む