行楽シーズンに増殖する「鉄道マニア」の分類と行動研究

社会週刊新潮 2015年4月23日号掲載

 駅のホームでは今や、目当ての列車にカメラを構える鉄道マニアの姿が、すっかりおなじみの光景となっている。が、「撮り鉄」と称される彼らの一部には、目に余る行為が散見される。GW、旅先であなたが出くわすかもしれない連中の“行動様式”とは――。

 ***

 最近の鉄道マニアは、自身の“得意分野”ごとに「○○鉄」と細分化されている。先の「撮り鉄」のほか、鉄道旅行好きの「乗り鉄」、駅弁ファンの「駅弁鉄」といった具合だ。

 その中に「バリ鉄」なるジャンルがある。バリバリの鉄道マニアを指し、さらに狭義では「特に熱心な撮り鉄」を意味するのだという。

...

記事全文を読む