大阪都構想 維新の会が行うタウンミーティングはまるで「催眠商法」

政治新潮45 2015年5月号掲載

 哲学者の適菜収氏が、大阪都構想を推進する「大阪維新の会」のタウンミーティング(TM)に参加し、その呆れた実態を告発、話題となっている。「これぞ戦後最大の詐欺である」(「新潮45」5月号掲載)というルポだ。

「新潮45」5月号「これぞ戦後最大の詐欺である」は現在下記URLにて期間限定で特別公開中。

>> これぞ戦後最大の詐欺である 適菜収(作家、哲学者)+本誌取材班――特集 「大阪都構想」の大嘘

 橋下徹大阪市長(45)や維新の面々が行う都構想の説明には、数々の誇張やごまかし、印象操作が存在すると指摘し、その内容を具体的に記している。

...

記事全文を読む