衆院に鞍替え成功したら「大島派」を捨てた「佐藤ゆかり」代議士

政治週刊新潮 2015年4月16日号掲載

「政治は義理と人情だ」。衆院議長や自民党副総裁をつとめた大野伴睦の格言である。だが、自民党の佐藤ゆかり代議士(53)にとって、これほど縁遠い言葉はない。何しろ、衆院へ鞍替えした途端、恩義のある大島派に別れを告げたのだから。

 ***

 ゆかり議員の議員バッジに対する執念は、凄まじいものがある。まず、郵政選挙で初当選したが、2009年の総選挙で落選。すると、10年の参院選(全国比例)へ立候補し、雪辱を果たした。しかし、今度は昨年末の総選挙で縁もゆかりもない大阪11区から出馬、衆院議員に返り咲いたのだ。

...

記事全文を読む