ティクリートは落ちても「イスラム国」の戦域拡大

国際週刊新潮 2015年4月16日号掲載

「ティクリートは『イスラム国』から解放された」

 イラクのアバディ首相が3月31日、誇らしげに発表したとき、会見場は興奮に包まれた。『イスラム国』の掃討作戦を開始して以来、最大の戦果だったからだ。

 ティクリートは、首都バグダッドと、『イスラム国』のイラク最大の拠点モスルとの中間に位置する要衝。

「ここが陥落すれば原油を産出する本丸、モスル奪還が見えてきます」(外信部記者)

 世界中を敵に回した感のある『イスラム国』も、脆くも崩れ去ることになるのか。

...

記事全文を読む