「かぐや姫」が勝った「大塚WARS」 続編タイトルは「親父の逆襲」

社会週刊新潮 2015年4月9日号掲載

「親子がケンカしている店で誰が家具を買うのか」。株主が指摘した通り、大塚家具の行く末には暗雲が垂れ込めている。父と長女は株主総会においても激しく争い、一旦は長女側に軍配が上がった。が、勝利した「かぐや姫」の前には依然として「親父の壁」が……。

 ***

〈「兄さん、お父さんと争うなんて無駄なことですよ、企業家としての識見、財力、社会的地位、すべての点で何一つ、僕たちはお父さんにかなうものがない、だから勝ちっこありませんよ」〉

 銀行の頭取を総帥とする一大コンツェルンの内実を、重厚な筆致で描いた山崎豊子の『華麗なる一族』。

...

記事全文を読む