世界に誇るべき日本の「魚食文化」を脅かすグローバルビジネスの罠

国際

 先日の記事(世界がうらやむ「サシミで食あたりをしない国」ニッポン)では、日本の魚の流通の優秀性をお伝えした。一見複雑な流通制度ではあるが、私たちが安心して生魚を食べることができているのはそのおかげだということである。

 しかし、中には「世界的に認められたラベルや認証制度で安全性は確保できるのでは」と思う向きもいるかもしれない。最近、スーパーの魚売り場ではさまざまな認証ラベルを貼った魚が目立つようになっている。「MSC」「マリン・エコラベル」「HACCP」等、新しい認証制度が増えているのだ。

...

記事全文を読む