国連だって少年の「実名報道」は禁じている/石井小夜子(子どもの人権連代表委員) 少年犯罪の「実名・写真報道」私の考え

社会週刊新潮 2015年3月19日号掲載

 週刊新潮の報道は少年法に違反すると日本弁護士連合会会長が遺憾を表明していますが、私もまったく同じ考えです。

 特に今回は、名前や容ぼうなどの報道を禁じた「少年法61条」がクローズアップされています。では、なぜ、61条を守ることが大事なのか、それを説明しましょう。

 そもそも少年法は、さかのぼれば日本国憲法13条の〈すべて国民は、個人として尊重される〉という規定と、同26条の教育を受ける権利から導かれている。これらは子供たちの成長と発達を保障しているものだということを知っておいてもらいたい。

...

記事全文を読む