朝鮮労働党の機関紙を軍事オタク紙に変貌させた「金正恩」

韓国・北朝鮮週刊新潮 2015年2月26日号掲載

 北朝鮮の「労働新聞」といえば、朝鮮労働党の機関紙である。普段は党の施政方針や金正恩第一書記の動向などを伝えるお堅い新聞だが、近頃、様子がだいぶ違ってきた。戦闘機や軍艦の写真が次々に掲載され、まるで“軍事オタク”が好むような紙面作りになっているのだという。

 ***

「従来は労働新聞に最新式の兵器の写真が掲載されることはありませんでした」

 と言うのは、北朝鮮情勢に詳しいジャーナリストの李策氏である。

「たとえば、かつて金正日総書記の軍の視察を報じる時は、具体的な情報は極力隠す傾向にありました。

...

記事全文を読む