「退職金2000万円で一生食うに困らない」という「桐谷さん」の優待生活

エンタメ週刊新潮 2015年2月19日梅見月増大号掲載

 いまやカリスマ投資家として名を馳せる棋士の桐谷広人氏(65)。その風変わりな投資哲学は、同年代のシニア層からも熱烈な支持を集める。“株だけで食う”を地で行く、桐谷流の真髄を御本人が語り尽くす。

 ***

 皆さんは株を単なるギャンブルだと思っていませんか。それは大きな間違いです。株式投資には“狩猟型”と“農耕型”の2種類があります。株価が上がったら売る、下がったら買うを繰り返すのが狩猟型。私がオススメする優待生活は農耕型です。様々な株を買うことが“種まき”で、年に1、2回の配当や優待が“収穫”に当たります。

...

記事全文を読む