競走馬が原因で嫁の親父を訴えた有名コンサルタント「堀紘一」

社会週刊新潮 2015年2月12日号掲載

 乾杯の音頭はジャーナリストの田原総一朗氏で、仲人が与謝野馨元財務相。2008年3月20日、日本を代表する経営コンサルタントの1人であるドリームインキュベータ会長・堀紘一氏(69)の長男の結婚披露宴には、政財界の大物たちが顔を揃えていた。だが、目下、両家には深くて暗い溝ができてしまったのだ。

 ***

 堀氏の長男が結婚したのは、競馬界では知らぬ人のいない社台ファーム・吉田照哉代表(67)の長女だった。JRA関係者によれば、

「堀さんは、競馬の神様と謳われた大川慶次郎さんの勧めで二十数年前から馬主になり、吉田代表とも付き合うようになったのです。

...

記事全文を読む