「後藤健二さん」の誘拐保険を妻と娘は受け取れるのか

社会週刊新潮 2015年2月12日号掲載

 非道としか言い様がないやり方で殺された後藤健二さんにとって、心残りは日本に残してきた妻と2人の娘たちだったに違いない。悲しみに打ちひしがれる家族にとって、残されたもののひとつが誘拐保険だが、本当に支払われるのだろうか。

 ***

 シリアに発つ前の昨年10月、テレビの情報番組で、1日10万円もする誘拐保険に入っていると話していた後藤さん。身代金を要求されたり命を落とした場合、最高で500万ドルが支払われるというが、その保険料の高さから、加入しないまま危険地域に入ってしまうジャーナリストも少なくない。

...

記事全文を読む