“ムサコママ”が増え続ける「武蔵小杉」バブル模様

社会週刊新潮 2015年2月12日号掲載

“ムサコママ”をご存じか。同じ神奈川県でも、今や横浜より人気エリアだという武蔵小杉(川崎市)に住まう奥さまの呼び名だ。

「国交省が毎年発表する公示地価の上昇率では、武蔵小杉が横浜を抜いて県内トップ。1平方メートルあたり50万9000円という値は、バブル期全盛の88年に迫る勢いです」(経済部記者)

 都心の品川駅からJRでわずか10分の武蔵小杉駅に降り立つと、徒歩5分圏内に5、6000万円台のタワーマンションが林立。2007年頃から始まった駅周辺の再開発により、最終的には11本ものタワーが立ち並ぶ予定なのである。

...

記事全文を読む