イスラム国ネット機関紙に「アラーの戦士は老人ホーム拡充中」

国際週刊新潮 2015年2月5日号掲載

 軍事独裁政権に限らず、国家運営にプロパガンダ戦略はつきものだ。独立国家を標榜する彼(か)のならず者集団もこのインテリジェンスに取り組んでいるが、その感覚はどこかずれている。

 ***

〈アラーの戦士は村々を解放するだけではない。住民のニーズも無視することはない。(中略)預言者は代理人を指名し、残される住民の生活の面倒を見るよう命じた。(中略)たとえ苛烈な戦争の最中であっても、可能な限り、ムスリムたちのニーズに応える〉

 これは、イスラム国の英語版ネット機関紙『DABIQ(ダビク)』に掲載された謳い文句だ。

...

記事全文を読む