「イスラム国」日本人拘束事件 「2億ドル」人道支援が事件の引き鉄という意見は正しいか?

国際週刊新潮 2015年2月5日号掲載

 ストックホルム症候群というのをご存じだろうか。人質事件の際に、被害者が犯人に同情したり、救出する側に敵意を見せてしまう現象だが、この人たちの頭の中では、中東への2億ドルの援助が事件の“引き鉄”になっているようなのだ。

 ***

 人質事件が明らかになった翌日、さっそく2億ドルに噛みついたのが、山本太郎参院議員である。

〈2億ドルの支援を中止し、人質を救出して下さい〉

 とネットに書き込んだのを追いかけるように、今度は1月25日のNHK番組で、同じ「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表までもが援助を批判する。

...

記事全文を読む