「朴槿恵」批判メディアに告訴乱発の折も折「名誉毀損」で実弟が負けた

韓国・北朝鮮週刊新潮 2015年1月29日号掲載

 もし、日本だったら、大騒ぎになっていたに違いない。韓国のあるメディアが、朴槿恵(パククネ)大統領(62)の実弟が殺人事件に関わっていることを示唆する記事を掲載。すると、検察は実弟の訴えに基づき、雑誌記者ら2人を名誉毀損の罪で裁判にかけた。その結果は、朴政権が窮地に追い込まれるはずのものだったのだが……。

 ***

 韓国では、とりわけセウォル号の沈没事件に関して、政権に批判的な報道をしたメディアに対する告訴が相次いでいる。事故当日、朴大統領が元側近と面会していたという噂をコラムで取り上げた産経新聞の前ソウル支局長も名誉毀損で在宅起訴され、現在、裁判中の身であるのはご存じの通りだ。

...

記事全文を読む