「幻魔大戦」2000万部 「平井和正」が最後に書いた「ネット小説」

文芸・マンガ週刊新潮 2015年1月29日号掲載

 地球を滅ぼそうとする魔物と超能力者の終わりなき戦いを描いた「幻魔大戦」シリーズは、累計2000万部以上という大ヒットを記録しただけでなく、多くの作家が影響を受けたものだ。その作者・平井和正氏が晩年、情熱を傾けたのは「ネット小説」だった。

 ***

「父はここ3~4年ほど、高齢のために気力が弱ってしまい、食もどんどん細くなっていました。どこかが悪いのではなく老衰というのでしょうか。心臓が弱くなり血圧が低くなると、体のあちこちが悪くなって昨年の夏から入退院を繰り返していたのです」

...

記事全文を読む