創立80周年なのに「トホホな阪神」ウラ事情

野球週刊新潮 2015年1月29日号掲載

 こいつは春から縁起がいいや――とはいかないのが球団創立80周年を迎える阪神である。戦力補強で優勝を狙うはずが、トホホなウラ事情もあって――。

 今オフの阪神は、米国から出戻ってオリックス入りした中島裕之(元西武)をはじめ、オリックスでFA(フリーエージェント)宣言した金子千尋、FA権行使でロッテからヤクルトに移籍した成瀬善久らの獲得にことごとく失敗した。

「阪神の機関紙であるデイリースポーツさえ、“補強全敗”と書く有様です」

 と語るのはスポーツライターの美山和也氏。

...

記事全文を読む