「遠藤」「大砂嵐」「逸ノ城」 今年期待の若手はここがアキレス腱

スポーツ週刊新潮 2015年1月15日迎春増大号掲載

 11日から始まった大相撲初場所。白鵬全盛のなか若手台頭はあるのか。注目株は昨年活躍の3力士。逸ノ城(21)、大砂嵐(22)、そして遠藤(24)だ。彼らには越えねばならぬ壁がある。アキレス腱はどこか。

 ***

 昨年12月24日のクリスマスイブ。埼玉県川口市の湊部屋に記者たちが集った。

「あの日は番付発表があった。逸ノ城の会見にメディアがやってきたのです」

 とは相撲担当記者。ご承知のように逸ノ城は、昨年秋場所新入幕、いきなり13勝2敗の好成績を残し、入幕翌場所で関脇に出世したモンゴル人力士である。

...

記事全文を読む