皇室写真集を2冊出版でも 「雅子さま」追っかけおばさんが生活保護だった

社会週刊新潮 2015年1月1・8日新年特大号掲載

「夢を見させてくれる」。これが誰かを“追っかけ”る者に働く心理だ。もっとも、皇室の追っかけ歴21年。自ら撮影した雅子さまや愛子さまの写真集を2冊も出版した女性の場合、その情熱は人並み外れたものがある。何しろ、生活保護を受けながらも追っかけを続けているのだから。

 ***

 彼女は、これまで小林春美の名義で『あこがれの雅子さま』(2001年)と『愛子さま こっちをお向きになって』(02年)を出版している。年の頃は40代後半で独身。関東近郊に住み、皇室を取材するマスコミや警備を担当する皇宮警察官の間では超有名人なのだという。

...

記事全文を読む