椎名誠さんが告白した「35年間の不眠症歴」

社会

 作家の椎名誠さんといえば、冒険やキャンプや焚火をしている元気なおじさん、というイメージをお持ちの方も多いことだろう。ある時はアマゾン、ある時は北極海へと冒険旅行をしている姿はテレビでもお馴染みだ。

 ところが、新著『ぼくは眠れない』で椎名さんは意外な告白をしている。若い頃から不眠症を抱えており、その「不眠症歴」がなんと35年にもなるというのだ。奇しくも『さらば国分寺書店のオババ』での作家デビューから今年で35年なのだが、実はこの作家歴と同じだけの「不眠症歴」ということになる。

...

記事全文を読む