B級グルメのメガシティー/『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』

食・暮らし

 東京がミシュランの星の数でパリを凌駕する美食の都であることは、知識としては知っていても、日々の食生活でそれを実感する機会はそうはない。空腹で足を踏み入れたデパ地下の惣菜売り場で、軽い目まいを感じることはあったとしてもだ。本書の著者はアメリカ・シアトル在住のフードライター。2012年の盛夏、妻と8歳の愛娘と来日し、中野の1DKのアパートで一月ほど過ごした。著者の“師匠”は山岡士郎。そう、人気漫画『美味しんぼ』の主人公である。とはいえ、著者が目指すのは「究極のメニュー」などではなく、身近な商店街で出会うありふれた食べ物。

...

記事全文を読む