戦争も革命も愛で動いた/『国と世紀を変えた愛 張学良と宋美齢、六六年目の告白』

中国

 一九九〇年十二月、NHKは衝撃的な番組を放映した。半世紀にわたり消息を絶っていた張学良が姿を現しインタビューに応じたのである。関東軍の謀略により爆殺された張作霖の長男、蒋介石を捕らえ「内戦停止一致抗日」を迫った「西安事変」(一九三六年)の首謀者……。中国建国の遠因を作った歴史の証人の証言は、世界中の注目を集めた。著者はこの放映の二年後、張学良との私的インタビューに成功する。彼は意外な言葉を口にする。「私と女性の話をしましょう」。

 本書は、このインタビューをもとに張学良の生涯を彩った六人の女性たち――最初の夫人・于鳳至、後に物理学者となる第二夫人・谷瑞玉、天真爛漫なムッソリーニ令嬢のチアノ伯エッダ伊公使夫人、秘書として幽閉生活を支えた第三夫人・趙一荻、蒋介石夫人・宋美齢、「最高の女友達」蒋士雲――と彼との関わりを、彼女たちに寄りそいながら女性らしい感性でひだ細かく描き出す。

...

記事全文を読む