STAP騒動 科学者たちはどの時点で疑問を持ったのか――「STAP細胞」とは何だったのか? 科学者本音座談会(1)

社会週刊新潮 2014年8月28日秋風月増大号掲載

 小保方晴子(おぼかた)博士(30)らが1月28日に会見を開いてから半年余り。その間、めまぐるしいほどに疑惑が浮上し、小保方氏のみならず、科学そのものへの信頼までが崩れ去った。それほどの影響をもたらした「STAP細胞」とは何だったのか。科学作家の竹内薫氏の司会の下、生物や細胞に近い分野が専門の気鋭の科学者たちが、縦横無尽に語った。

 司会 竹内薫   科学作家
    池田清彦  早稲田大学国際教養学部教授
    榎木英介  近畿大学医学部講師
    緑慎也   サイエンスジャーナリスト

...

記事全文を読む