「論壇」史が映した戦後日本の「空気」/『日本の論壇雑誌:教養メディアの盛衰』

文芸・マンガ

 本書で論じられるのは以下の十一誌(媒体)だ。第一部「論壇のフォーマット」では、戦後の論壇雑誌の基本形を形作ったものとして『中央公論』『文藝春秋』『世界』の三誌が、第二部「論壇のアキレス腱」では、論壇の周辺にあってメインストリームをおびやかしつつ補完する役目を担った『婦人公論』『暮しの手帖』『朝日ジャーナル』『ニューズウィーク日本版』の四誌が、そして第三部「論壇のフロンティア」では、時代を先取り的につかもうとした『諸君!』『流動』『放送朝日』「ネット論壇」が、それぞれ俎上に載せられる。

...

記事全文を読む