元裁判官による「告白の書」/『絶望の裁判所』

社会

 二〇〇九年から導入された裁判員制度により、一般市民にとって裁判所は以前よりは身近な存在になったはずである。しかし、裁判所の暗部で進行している事態を知る機会はなきに等しい。本書は、東京地裁、最高裁などで三十三年にわたり裁判官の職に在り、二年前に教職に転じた著者による告発と問題提起の書である。日本の裁判所の特徴は「上命下服、上意下達のピラミッド型ヒエラルキー」にあり、それは「最高裁判所事務総局中心体制」によって構築、統制されていると著者はいう。

 この体制のもとで、露骨な情実人事、恣意的な再任拒否、退官強要などが横行し、裁判官たちは萎縮し、「事件処理」に専心し、事務総局の意向にひたすら追随する体質を身につける。

...

記事全文を読む