政権を内から見た言論人の「悲哀」/『官邸危機』

政治

「わたしがリアル・ポリティクスに関わった体験は悲哀のみをもたらしたわけではなかった」と、菅直人内閣で内閣官房参与をつとめた評論家の松本健一は本書の「エピローグ 政治と思想の間」で心中を吐露している。

 民主党政権の主要メンバーは、菅直人を筆頭に政権回顧本を出版して、「宴のあと」を総括した。政界サバイバルのための弁明には食指が動かなかったが、この本は違う。民主党内閣のスペシャルアドバイザーとして、東アジア外交を担当した言論人の「悲哀」ならば知りたいではないか。

...

記事全文を読む