デイリー新潮

スポーツ

没後20年、今明らかになる大山倍達と“ケンカ十段”芦原英幸の恩讐

 伝説の空手家・大山倍達が逝ったのは、ちょうど20年前の4月26日のことだった。そして大山の高弟“ケンカ十段”芦原英幸は、そのほぼ1年後の1995年4月24日に、この世を去った。

 師・大山倍達から誰よりもかわいがられていた芦原英幸は、しかし強すぎるが故に、だんだんと師から疎んじられるようになってゆく。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事