世界に評価される日本のアート・アニメ 実は宮崎駿より有名? 85歳の巨匠

アート

 今年の米アカデミー賞・長編アニメ映画賞部門に『風立ちぬ』(宮崎駿監督)がノミネートされていたが、実は短編アニメ部門にノミネートされていた『九十九(つくも)』(森田修平監督)も、関係者の期待が大きかった。

 同作は、大友克洋監督らによる短編アニメ4本のオムニバス作品『SHORT PEACE』の中の1本だが、すでに仏アヌシー国際アニメ映画際や、広島国際アニメーションフェスティバルなどで上映されて、高い評価を得ていた短編だ。

...

記事全文を読む