徹底した取材で権力の闇をも暴く/『殺人犯はそこにいる』

社会

「調査報道」に携わった者ならば、それがいかに地道で執拗な取材と、疑問を追い詰める冷静な論理が必要とされるかということを知っている。本書は、「FOCUS」の記者時代に「桶川ストーカー殺人事件」を取材、警察に先んじて犯人を割り出した経験を持つ著者が北関東で続発した幼女誘拐殺人事件に挑んだ調査報道を描くノンフィクションである。

 現在は日本テレビ報道局に籍を置く著者が、未解決事件を追うプロジェクトを始動させたのは二〇〇七年のこと。著者が注目したのは、一九七九年から九六年にかけて半径わずか一〇キロ圏内で五人の幼女が次々と殺害、誘拐された事件。

...

記事全文を読む