教えて!石破幹事長 その1「集団的自衛権の行使容認は、中国・韓国を刺激しませんか?」

韓国・北朝鮮

 国会でも「集団的自衛権」に関する論戦が増えてきた。現行憲法下において行使を容認すべきかどうかについては、賛否両論、様々な意見がある。

 そこで安全保障政策のエキスパートで、今月、新著『日本人のための「集団的自衛権」入門』を刊行したばかりの石破茂自民党幹事長にいくつか素朴な疑問をぶつけてみた。

 まずは「行使容認すると、中国や韓国を刺激しないか?」という疑問。

 これについて石破氏は、「集団的自衛権は、国連憲章第五一条に定められた、すべての国連加盟国に認められた権利です」としたうえで、このように説明する。

...

記事全文を読む