東京オリンピックが尖閣防衛の盾になる 国際政治の専門家が解説する五輪開催の影響

中国

 昨年末ロシア南部のボルゴグラードで2件の連続テロが起きた。走行中のトロリーバスと鉄道の駅が狙われ、合わせて30人以上が死亡。昨秋から続く無差別テロはソチ五輪妨害を狙うイスラム過激派の犯行だと見られている。ソチ五輪をなんとしてでも成功させたいプーチン大統領の喉元に匕首を突きつけた形となった。

 最近、米国、ドイツ、フランスなど欧米首脳が相次いでソチ五輪開会式への出席を見合わせると表明が相次いだのは、こうした安全面の不安に加えロシア国内の人権問題の影響があると言われている。

...

記事全文を読む