『忘れられた日本人』の世界/『幸せに暮らす集落』

食・暮らし

 本書の舞台は、鹿児島薩摩半島の土喰(つちくれ)。二十軒の家にわずか二十七人の住民が暮らす小さな集落である。六十五歳以下は著者をふくめ三人だけ。平均年齢七十七歳、高齢化率八十九%という典型的な「限界集落」だが、著者はこの名称に異を唱える。なぜなら「集落の一人ひとりの生き方や死に方、集落全体の在り方、お互いを応援し合う心などから、非常にたくさんのことを学べる」と考えるからだ。
 著者は米国籍の民俗学者で、日本滞在は二十五年になる。東京の大手建設会社勤務を経て、鹿児島県下甑(しもこしき)島で三年間、定置網漁の仕事に就いた後、十五年前にこの集落に移り住んだ。

...

記事全文を読む